相続税対策のための不動産投資ガイド

不動産投資で確実な相続税対策を

不動産投資が相続税対策に効果的な理由とは?

不動産投資が相続税対策に効果的な理由現金・預金よりも不動産で相続をした方が、相続税が安くなることをご存知ですか?

現金や預金での相続には控除が認められないためそのままの金額に課税されますが、不動産の場合は「評価額」に課税されるため、大きな相続税対策となります。

例えば、相続したものが1億円で建てた不動産(住宅やマンション)だったとします。この不動産の評価額は、「路線価方式」「倍率方式」で決定。一般的に不動産の評価額は実勢価格よりも低くなるため、1億円よりも安い金額で課税額が計算されます。

また、土地が自分たちが居住するために使用している「自用地」か、第三者に貸し出している「貸宅地」かでも評価額は変動。とくに、貸宅地は借地権が設定されていて自由に売買できないため、自用地より2~3割も評価が低くなります。

相続税対策における不動産会社の選び方

不動産投資会社の選び方上記の理由からも、相続税対策として賃貸物件(投資物件)を購入することは非常に有効です。ただし、どの不動産会社で物件購入しても、相続税の対策ができるというワケではありません。

相続税対策は豊富な実績や経験がモノをいいます。そのため、信頼の高い不動産会社を選ぶ必要があります。

相続税に強い不動産会社を選ぶポイントは以下の通り。

  • 相続税対策を多く経験したベテランスタッフが所属しているか
  • 金融機関に太いパイプを持つなど、融資のノウハウが確立されているか
  • 物件の資産価値が下がりにくい、高利回りの新築物件を中心に扱っているか
  • 物件の売却にも強く、相続後の現金化も視野に入れられるか

当サイトでは、相続税対策に強いことで知られる不動産会社を5社ピックアップし、詳しい情報をご紹介しています。ぜひ上記のポイントを押さえつつ、各社の情報をチェックしてみてください。

≫≫相続税対策に強い不動産会社5選≪≪

相続税対策は早め早めが◎

2013年度税制改正大綱により、2015年(平成27年)に相続税・贈与税の改正が実施されることになりました。この改正で重要となるのは、相続税の大幅アップ。基礎控除が以下のように引き下げられ課税ベースが拡大、一般家庭でも課税対象になるケースが出てきます。

  改正前 改正後
基礎控除額 5000万円+(1000万円×相続人の数) 3000万円+(600万円×相続人の数)

投資不動産は相続税対策に有効ではありますが、相続人に分配しにくいのがネック。生前贈与や、相続後のトラブル回避を考えるなら、早めに行動を起こすことが大切です。投資不動産や相続税対策に強いプロのアドバイスを借り、早めに不安要素を取り除いておきましょう。

 
相続税対策のための不動産投資ガイド